嫁入り

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

はい、みなさんこんにちはN塚です。
この記事を書きはじめた瞬間に天気雨が降ってきてちょっとびっくりしましたw
ということで今日の話題は天気雨こと「狐の嫁入り」になります。

狐の嫁入りとは
晴れているのに雨が降るという嘘のような状態を、何かに化かされているような感覚を感じ、
当時キツネには妖怪的なパワーがあっただとか、お稲荷様のような神聖な力があったと言われていたことから、まるでキツネに化かされいるようだと考え、天気雨のことを「狐の嫁入り」と呼ぶと考えられています。
他にも諸説ありまして、山の麓は晴れていても山の上ばかり雨が降る天気雨が多かったことから、山の上を行くキツネの姿を隠すためにキツネ達が雨を降らせた説や、めでたい日なのにもかかわらず涙を流す嫁もいたであろうことから狐の嫁入りと呼ばれるようになったとか...
また地方によっては、「狐の嫁取り」「狐の祝言」「狐雨」「狐の嫁取り雨」なんて呼び方もあるそうです。

ちなみにこんな記事を書いている間に天気雨は止み、晴れ間が見え、地面は乾き、雨が降っていた形跡等どこにもないという...
まさに「狐につままれた」と言えるんじゃないでしょうか。

お後がよろしいようなので、少し短いですが今日はこのへんで...

それではお客様のご来館心よりお待ち申し上げております。