やっと見つけた織姫様 だけどどこだろう彦星様

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

はい、こんにちは、N塚です。
7がいっぱいで縁起が良さそうな日ですねw
そうです、七夕です。
ということでさっくり七夕について話そうと思います。

日本、中国における七夕伝説では、付き合い初めてから仕事しないでイチャイチャし始めた彦星と織姫に怒り心頭の天帝が天の川を挟んで二人を引き離したが、
天の川からどこからともなく現れたカササギが橋をかけてくれたことで二人は合うことができたってお話です。
いますよね、付き合い始めるとお互いダメになるタイプのカップルw
ちなみに7月7日に雨が降ると天の川の水かさがマシマシになって二人は合うことができないらしいっすよ。ざまぁw
逆に七夕の日の雨は二人の涙なんて考えもありまして、日本では二人が会えなかったことによる悲しみの涙と捉えられているんですが、
お隣韓国では、晴れでも雨でも二人は出会うことができて、その上で降った雨は二人の嬉し泣きによる涙と捉えられているそうですよ。
梅雨で雨降ることの多い時期ですから、こういうとこまでしっかり設定が練られていますねw

一般的に7月7日の午前1時ごろが天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯だそうで、
今日の夜ではなく、昨日の夜中が正確な七夕の夜って感じですね。
古くからの神事もその時間帯に行われているそうで、七夕祭りが6日夜からでなく、7日夜以降に行われる祭りは町興し的な側面の強いお祭りみたいです。
また月遅れの8月7日前後を七夕まつりと扱っている地方も多く、なんと今年は旧暦の七夕が8月7日に重なる日ということなので本物の七夕気分が味わえるかも...?
旧暦の七夕がぴったり8月7日に重なるのは実に11年ぶりみたいですよ。

ということで七夕についてのお話でした。
特に何もしなかった人も多いと思いますが、旧暦の伝統的七夕は一ヶ月後に控えていますのでお祭りでも行ってみてはいかがでしょうか?
学生さんも長期休暇入るし、天気的にも8月開催の方が安定しそうですし...
あと織姫彦星と天の川こと夏の大三角も9月上旬くらいまでが見頃みたいなので全然チャンスはありますね。

それでは終わります。
お客様のご来館心よりお待ち申し上げております。

今日のタイトルはsupercellさんの「君の知らない物語」の歌詞です。
もはやカラオケの定番曲になりつつありますよね。