迷わぬよう歩いていけるたったひとつの道標

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

はい、こんばんは、N塚です。
今日起きてTwitterを開いたところ衝撃のニュースが飛び込んできまして、思わず目を疑いました。

18日午前10時半ごろ、アニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオが放火され、3階建ての建物が燃えました。
22時までに33人の死亡が確認され、ほか35人が負傷、そのうち10人が重傷。

この事件に対しては思うところしかないし、明日のニュースや朝刊の見出しもこの事件だろうから深くは語りません。
嘆いたところで何にもならないし気が滅入るだけなので...

ということでタイトルのお話。
「aiko」さんの「恋をしたのは」の歌詞です。
京都アニメーション制作による長編アニメ映画『聲の形』の主題歌になっております。

概要は簡単に説明しますと、
聴覚の障害によっていじめを受けるようになった少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲から切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の二人のふれあいを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛や友情などが描かれる作品となっております。
原作マンガの読み切りの時から言われてたことですが、いじめや聴覚障害等取り扱われている題材がひじょーーーーーーにデリケートで重いです。
映画も冒頭10分くらいは見るのがとてもつらい...なんなら終始つらいかも...

それでも国内海外問わずこの作品は高い評価を受けております。
キャラクター達が不器用ながらも必死にコミュニケーションをとろうとする様は、きれいごとばかりの実写映画よりもよほどリアルに描かれていると評される程で、
日本のアニメはとうに子供向けの域を出て、独自の表現にまで達したと絶賛されています。
作画、背景、演出、音楽、演技どれをとっても素晴らしい出来栄えで、普段アニメを見ない人にも是非見てほしい作品になっています。

この映画、唯一の難点を上げるならば、公開時期が2016年9月中旬だったことでしょう。
先日もテレビ放映されましたみなさんご存知、新海誠監督の「君の名は。」と公開時期が被っていたんですねー。
「君の名は。」の公開は8月末で9月中旬頃には世間は「君の名は。」フィーバー真っ只中ですよ。
「聲の形」も当初の目標額を二倍以上上回る大ヒットだったんですけど、「君の名は。」の前に霞んでしまったという...

ということで度々記事にもしてる動画配信サイトなどでも視聴できますので、是非視聴してみてはいかがでしょうか?
人と人の繋がり、コミュニケーションの難しさや大切さ、他人のために生きる尊さ、自分の嫌いな部分も愛する大切さ、それでも生きるということ等、視聴したあとにとても考えさせられる作品となっております。
こんな時だからこそ、今一度自分自身や他人との関係などを見つめ直すことも大切なのかなと思います。
そして京都アニメーションという世界に誇れるアニメ制作会社の存在を知って頂き、応援して頂けたらなと思います。

最後になりますが、犠牲になられました33名の方々と御遺族の皆様に心より追悼の意評します。
数々の素晴らしい作品をこの世に生み出して頂きありがとうございました。
また多数の負傷者の皆様の、一日も早いお体の快癒と心の傷の癒やしをお祈り申し上げます。

Pay For Kyoani