闇のゲーム...

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

はい、こんにちはN塚です。
今日はですね満を持して、吉本の『闇営業』についてお話しようかなーと思います。
ことの経緯なんかは今更でしょうから割愛させて頂きます。

まず「闇営業」ってことについてなんですけど、大層邪悪な名前なので反社会的勢力との営業かと思われている人もいますがそうではありません。
正しくは「直営業」のことで会社を経由した仕事ではなく、芸人達本人が直接依頼されて営業に行ってギャラをもらうことを「闇営業」なんて言います。
よくありそうな例えで言えば人伝で結婚式等の催しを頼まれるとかになるんですかね?

そして「直営業」こと「闇営業」がなんで事実上黙認されているの?って話なんですけど、
吉本というか芸能事務所全般?が若手や売れてない芸人はアルバイトでもして食いつないでくれってスタンスだからでしょう。
芸人は社員ではなく所属タレントってだけですから、保証された賃金などは存在しなくて、売れたら面倒見てやるよっていうことなんでしょう。
だから若手時代のギャラがとても安かったなんて苦労話が後を絶たないんでしょうねw
それに浮き沈みが激しい業界ですから、人気の時はテレビやラジオ等のメディアに引っ張りだこですが、そうでない時はメディアの出演は無く地方の営業等や別の仕事をしなくては生活ができなくなってしまいます。
そんななか芸人として食いつなぐ為に直営業をするというのは当たり前のことなのかもしれません。

続いて反社との営業について
既に無期限謹慎となってしまった「スリムクラブ」のお二人は事前に反社チェックしてもらったところ、OKが出たので行ったら実は反社だったって話しみたいなんですけど、
これって会社の落ち度で本人達にはどうしようもないことだと私は思います。
この事に関してタレントの土田晃之さんは「(反社だと分かったところで)逆に帰るって言えますか?もしわかったところで帰れないと思う。そう思ったらとにかく盛り上げてその場を安全に帰ろうって思うんじゃないか?」と推測されました。
まさにこの通りで、大人だろうが男だろうが関係なく反社の人たちに囲まれたら怖いでしょう、何されるかわかったもんじゃないですし。
そうなったら週刊誌に挙げられていた、あたかも楽しんでるような写真のように振る舞うのもやむを得ないのかなと思います。

あと芸能人はイメージが非常に大切な職業なのでコンプライアンスとして今回厳しい処分が下されたのは納得がいきます。
でも詐欺グループが被害者からだまし取ったお金を受け取ったことに対して批判する人もいましたが、それはお門違いなのかなって思います。
被害者がいるのはわかりますけど、それについて悪いのは反社ですよね?彼ら芸人達も詐欺に加担してたんですか?って...
例えばコンビニのバイトくんがちょっといかつい兄ちゃんにタバコを売ったとして、それを後から「さっきの奴は詐欺でだまし取った金でタバコを買った!お前が金を返せ!お前が被害者に謝れ!」って筋違いじゃないですか?
悪いのはコンビニのバイトくんじゃなくて、詐欺をしたいかつい兄ちゃんのはずでは?...なんて思います。

こんなところで、私個人としては後の誰が辞める辞めないなんてのはどうでもいいです。
「千原兄弟」の千原せいじさんも「お家騒動はどうでもいいけど、反社の問題は徹底的にやって欲しい」と訴えたそうです。
会見以降どんどん論点がすり替わっている気がします。
宮迫さん田村さんも吉本興業も事件発覚後の対応が悪かったのは事実で身から出た錆でもあると思いますね。

最後に一連の騒動でいち早く契約解消しまんまと逃げ果せた「カラテカ」入江の存在が個人的に一番腑に落ちないですよね。
実力があったは置いといて顔広い芸人などと謳い、他の芸人に反社との闇営業を仲介していたってどう考えてもこいつの存在が一番の悪だったのでは?と思います。
契約解消だけで済み、今となってはどこのニュースも誰も名前を出してないってのが非常に気になります。

はい、ということで芸人の「闇営業」問題についてでしたー。
色々な記事を参考にして自分なりに思うところを書いてみました。
あまり鵜呑みにせず、ご自身で調べて考えて頂けたら幸いです。

それではお客様のご来館心よりお待ち申し上げております。