拾いたくてたまらないどんぐり

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは!山田です。

ここ数日は暖かい日が続いてどんどん春らしくなってきましたね!

本来ならどこかにお出かけでもしたいところですが、連日報道されているコロナウイルスによる大規模イベント等の中止で日本全体が自粛ムードになっているのが本当に悲しいです。ライブの中止や延期の発表が直前で発表されることもありますよね。主催者側の打撃は計り知れないほどのものですが、楽しみにしている観客側も、娯楽がなくなることで日本全体の空気の落ち込みに拍車をかけているような気がします。
これからもイベントの延期や中止が考えられますが、これはもう、"ないものだ"と思いながら生活するしかありません。万が一無事開催ができるようになれば思わぬ誤算!ラッキー!と思えたら幸せかもしれませんね。


突然ですが、昨日当館の駐車場の掃除をしていたところ、どんぐりを見つけてついつい拾ってしまいました。なぜどんぐりは拾いたくなってしまうのでしょうか。
どんぐりは縄文時代には食用として食べられていたようなのですが、私も子どもの頃、友達の家に遊びに行ったときにみんなでどんぐりを食べた記憶があります。美味しかったかまずかったか、もう記憶はありませんが栄養価は高いようです。調べてみるとどんぐりを使ったレシピが色々出てきました!どんぐりクッキー、どんぐりコーヒー(!)、どんぐり豆腐(!?)など。どれも気になりますが食べられるほどの量のどんぐりを集めるのは大変そうですね。しかも種類によってはアクが強いものがあり、しっかりと下処理をしなければならないので、時間に余裕があるときにやってみたいですね。(←一生やらなそう)

春っぽい話題を話そうかと思っていたらどんぐりはむしろ季節外れだったとここに来て気が付きました。
皆様に明るい春が来ますようにー!!!